logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. E-0096. WinWerth最新バージョンを使った感想 — AT

2020.08.26

E-0096. WinWerth最新バージョンを使った感想 — AT

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
WinWerth最新バージョンを使った感想
 
発行:エスオーエル株式会社
https://www.sol-j.co.jp/
 
連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」
2020年8月26日号 VOL.096
 
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、
無料にてメールマガジンを配信いたしております。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
 
こんにちは。営業技術の田井野です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
少し前に、TomoScopeの専用解析ソフトであるWinWerhの最新バージョンが
リリースされました。
そこで今回は、最新バージョンを使った感想をお伝えしたいと思います。


一通り使用してみて、今回のバージョンアップでは、
特に可視化の機能が改善、強化されたように感じます。

その中でも、いいね!と感じた機能は、
寸法・幾何公差測定値の3D表示です。

今までは寸法測定値の画像表示は2Dが主でした。
測定断面+寸法測定値+αな感じです。(αは、名称や、設計値、公差など)
2D表示は局所的に何処を測定したのかは判断し易いのですが、
全体像として見る場合は分かりにくく、
測定内容を熟知していないと理解し難いところもありました。

しかし、最新バージョンでは3D表示が強化され、
3Dサンプル形状と一緒に寸法測定値が表示できるようになりました。
測定値のみではなく、公差、設計値、ズレ量なども表示できます。
幾何公差にも対応しています。

サンプル形状は表示の透過率を調整できます。
透過率を上げることで内部の形状も分かり易く表示できますので、
素人でも、図面と3D表示画像を照らし合わせ、あーここを測定しているのね、
というのが理解しやすいです。
 
また、2D表示は基本、単色表示ですが、
3D表示は色彩が豊かで、とても見栄えが良いです!

強化された3D表示、
結果の可視化にこだわる方にも、きっとご満足頂けるかと思います。


さて、他にもお伝えしたい機能はあるのですが、
長くなってしまったので今日はこの辺で。
 
最後までお付き合い頂き、有難う御座いました。


--
A.T

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム