メールマガジン

logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. D-0197. CPUについて — B.L

Warning: Array to string conversion in /home/r4051213/public_html/sol-j.co.jp/cms_22_sol/wp-includes/taxonomy.php on line 3720

Warning: Array to string conversion in /home/r4051213/public_html/sol-j.co.jp/cms_22_sol/wp-includes/category-template.php on line 1301

2023.08.02

D-0197. CPUについて — B.L

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

CPUについて

発行:エスオーエル株式会社
https://www.sol-j.co.jp/

連載「知って得する干渉計測定技術!」
2023年8月2日号 VOL.197

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
干渉計による精密測定やアプリケーション例などをテーマに、
無料にてメールマガジンとして配信いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



こんにちは。
営業技術グループの林です。

今回は、Hardwareの構成内のCPUについて説明を致します。
CPU( Central Processing Unit )はComputerの中心で、
すべてのDataを処理するDeviceです。

CPUは Computerの脳に該当するものであり、
Userから入力された命令語を解析、演算した後、
その結果を出力する役割をします。


下の4つの機能が主な機能です。

  取り出し(Fetch)、解析(Decode)、実行(Execute)、保管と記録(Writeback)


それぞれの機能を説明すると、次のようになります。

  取り出し(Fetch): Memory上のProgram Counterが指す命令語をCPUに取り出して積載します。
  解析(Decode)   : 命令語の解釈。 この段階で、命令語の種類とTargetなどを判断します。
  実行(Execute)  : 解釈された命令語通りにDataに対して演算を実行します。
  保管と記録(Writeback) : 命令通りに処理したDataをメモリに記録します。


CPUの製造企業としては Intel と AMD があります。
Intelの場合は、Pentium、Core i、Celeron があり、
AMDにはAthlon、Ryzenがあります。

Intelの場合の例として、Core i Series を簡単に挙げます。


  i3 : エントリーモデル、 低性能、文書作業用途など
  i5 : ミドルレンジモデル、中性能、画像や動画用途
  i7 : ハイスペックモデル、高性能、動画編集、専門作業用途
  i9 : ハイエンドモデル、最高性能、特殊用途


数字が大きくなるほど性能がいいです。 
Series名の後ろに m がついた場合もありますが、
これはMobile用やTablet、Notebookに使用されています。


CPUのNamingについて、下記のような例を挙げておきます。

Intelの場合:

  Intel Core i7 - 10700 K Processor

    → Brand Name : Intel Core
    → Grade : i7
    → 世代(10世代) : 10700
    → Option : K

AMDの場合:

  AMD Ryzen 5 3700X

    → Brand Name : AMD Ryzen
    → Grade : 5
    → 世代(3世代) : 3700
    → Option : X


Optionの記号として、知っていると便利な2つを上げると、
次のものがあります。

  K : Overclock 可能
  F : 内蔵Graphic Core なし(Graphic Card必須)


続いて、CPUの速度について説明致します。

CPUの速度はClockとして表示します。
Clockとは、1秒あたりのCPU内部で 
何段階の作業が処理されるかを測定し、周波数単位のHzで表したものです。

したがって、 Clock数値が高いほど高速性能のCPUです。
過去には、「Clock速度 = CPUの性能」を表す絶対的な指標でした。
しかし、 Clockの速度を上げ過ぎると、発熱、消費電力などの大きな問題が発生します。

そのため、現在は2つ以上のCoreを入れた「Multi Core」が登場しています。
CPUのCoreの数が多いほど、同時により多くのプログラム操作を実行できます。

それぞれCPUが持つCore数は簡単に把握できます。
Dual Core、Quad Core、Hexa Core、Octa Core などがあります。

2の倍数として Dual : 2、Quad : 4、Hexa : 6、Octa : 8個 です。
(Single(1)とTriple(3)もあります。)

複数のProgramを同時に使用する場合は、
Core数の多い製品を選択することをお勧め致します。


次回は Mother Boardについて説明致します。
よろしくお願い致します。


--
林(Lim)

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム