logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. D-0150. エッジ除外機能について — YO

2019.05.22

D-0150. エッジ除外機能について — YO

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エッジ除外機能について

発行:エスオーエル株式会社
http://www.sol-j.co.jp/

連載「知って得する干渉計測定技術!」
2019年05月22日号 VOL.150

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
干渉計による精密測定やアプリケーション例などをテーマに、
無料にてメールマガジンとして配信いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



こんにちは。営業技術グループの落合です。


今回は、
弊社の平面度測定機をお使いのお客様へ、ずばり、

解析機能である
「エッジ除外」

について、知っているとちょっと便利な
情報をお送りしたいと思います。


最も基本的な設定ですから、

「エッジ除外なんて、いつも使っているよ。
 今回のメルマガに、新しい情報はないな。」

「Edge Exclusion の事だから、
 EE2mmとかEE3mmって表すこともあるよね。」

「なぜEJ(エッジ除外)ではなく
 EEと略すのか・・・?!Edge Exclusionとは!!謎が解けた。」
(私は、なぜEEなのか疑問でした。)

なんて声が聞こえてきそうです。


そんなエッジカット機能ですが、
外周、または内周から一律に2mmや3mmの長さをカットする
 『Erosion』
以外にも選択肢があるのを、
ご存じでしょうか。

 1.Erosion
 2.Round
 3. Square
 4. RoundCA
 5. RectangularCA

の5種類があります。

1~4は、どのような場合に使われのでしょうか?


例えば、
Φ150のウエハを測定するとしましょう。
EE3mmを設定した場合、出力されるプロット画像は
Φ150-3×2=Φ144mmです。

しかし、今回測定したウエハは、
試作品のため端面に急勾配があり、
取得できた外周形状は波形状でした。

こんな時、「1. Erosion」で3mm設定を使っていると、
外周部から一律3mmカットが適用されます。
つまり、波形状がそのまま出力されてしまいます。

どのウエハも、正円で統一して評価できたらいいのに、
あきらめるしかないのか・・・

・・・こんな時に使いたいのが、
 4. RoundCA
です。

 『センター基準で入力値mmを直径とした円の外周を除外』
することができます。

RoundCA 144mm
を設定すれば、目的とする正円形状が得られます。
(簡単にきれいな正円にカットできます。)


同様に、
 5. RectangularCA
では、

 『センター基準で指定した縦横辺mmの外周を除外』
することができます。
(簡単にきれいな長方形にカットできます。)


他に、
 2.Round
 3. Square
はそれぞれ、

 『入力値mmを用いて、円形になるようエッジを除外』
 『入力値mmを用いて、正方形になるようエッジを除外』

となります。


以上、
ウエハを測られるお客様にも、
機械部品を測られるお客様にも使える、

エッジ除外機能のご案内でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、またお会いしましょう。


--
Y.O

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム