メールマガジン

logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. B-0124. 番外編:【英語】「言う」をニュアンス毎に使い分け — A.T

Warning: Array to string conversion in /home/r4051213/public_html/sol-j.co.jp/cms_22_sol/wp-includes/taxonomy.php on line 3720

Warning: Array to string conversion in /home/r4051213/public_html/sol-j.co.jp/cms_22_sol/wp-includes/category-template.php on line 1301

2023.08.30

B-0124. 番外編:【英語】「言う」をニュアンス毎に使い分け — A.T

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

番外編:【英語】「言う」をニュアンス毎に使い分け

発行:エスオーエル株式会社
https://www.sol-j.co.jp/

連載「高鍋鮎美の三次元測定機って何なの??」
2023年8月30日号 VOL.124

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などを
テーマに、無料にてメールマガジンを配信いたしております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



こんにちは。営業の高鍋鮎美です。


前回の私のメルマガでは英語の「見る」という表現についてまとめました。
今回は「言う」について、同様にまとめてみます。

調べてみると「言う」や「話す」という意味の単語は沢山ありました。
ざっと良く使うものから結構見た事あるなと思うものまでで10単語はあります。

その中で、一番馴染みがあるのは、say、tell、speak、talkかなと思いますので、
まずはここから始めていきます。(今回も各単語の意味は英英辞典を参照します。)


1.say:
 to pronounce words or sounds, to express a thought, opinion,
 or suggestion, or to state a fact or instruction.
 (とにかく何かを「言う」という意味です。単語でも音でも意見でも何でもOKです。
  誰かが言っていたことを別の人に伝える時は直接話法が多くなります。)

 例:My boss said to me, "take a break."(上司が私に「休憩を取って」と言いました。)
   What did you say?(なんて言いました?)
   She said "goodbye" to all her friends and left.(彼女は友達に「さようなら」と言って行きました。)
 

2.tell:
 to say something to someone, often giving them information or instructions.
 (sayよりも誰かに何かを「伝える」ニュアンスです。)

 例:Tell me if you have any questions.(質問があれば私に言って下さい。)
   Could you tell me how to get to the station?(駅への行き方を教えて下さい。)
   He told me to send this to you.(彼がこれをあなたに送るように私に言いました。)


※sayとtellは話す事自体よりも話す内容に視点があるそうです。
 sayは何と言ったか、そのままを”~”を使って言う事が多く、tellはもう少し内容を要約して伝える感じです。

 一方で次にご紹介するspeakとtalkは話す内容よりも、話す事自体に焦点が当たる単語です。


3.speak:
 to say words, to use the voice, or to have a conversation with someone.
 (「声を発する」という動作に一番焦点が当たる単語なので、話す内容は言いたい事のメインではありません。)

 例:Could you speak more slowly?(もう少しゆっくり話して貰えますか?)
   I speak five languages.(私は5ヶ国語を話せます。)
   I spoke with her, and she said ~.(彼女と話したのですが、彼女が~と言っていました。)


4.talk:
 to say words aloud; to speak to someone.
 (こちらも「話す」という動作に焦点が当たりますが、speakよりも話し相手が必要になります。)

 例:I need to talk to you.(お話したい事があります。)
   I talked with the customer on the phone yestersay.(昨日お客様と電話で話しました。)
   We talked about the project.(私たちはそのプロジェクトの件を話し合いました。)
 

あとは、個人的にはmention(これはtellに近いイメージです)とか
inform(お知らせする)、report(報告する)、discuss(議論する)、insist(主張する)、
state(述べる)declare(宣言する)などは仕事で結構出てくるかなと思います。

単語毎に前置詞の有無などは違うので、確認してから使うのが良さそうです。


最後に展示会出展のお知らせです。

◇ 9/13(水)~15(金)東京ビッグサイトで行われる測定計測展に出展します。
 https://www.mt-expo.jp/
 ご来場の方は弊社ブースM-48にもお立ち寄り下さい。
 ご招待券もありますので、お問合せ頂ければお送り致します!


今週も最後までお読み頂きありがとうございました。


--

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム