メールマガジン

logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. B-0116. TomoScope XSシリーズの対象ワーク — A.T

Warning: Array to string conversion in /home/r4051213/public_html/sol-j.co.jp/cms_22_sol/wp-includes/taxonomy.php on line 3720

Warning: Array to string conversion in /home/r4051213/public_html/sol-j.co.jp/cms_22_sol/wp-includes/category-template.php on line 1301

2022.12.07

B-0116. TomoScope XSシリーズの対象ワーク — A.T

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

TomoScope XSシリーズの対象ワーク

発行:エスオーエル株式会社
https://a13.hm-f.jp/cc.php?t=M350937&c=6090&d=eb6f

連載「高鍋鮎美の三次元測定機って何なの??」
2022年12月7日号 VOL.116

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などを
テーマに、無料にてメールマガジンを配信いたしております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



こんにちは。営業の高鍋鮎美です。


今回のメルマガでは寸法測定用X線CT装置TomoScope XSシリーズについて
最新情報をお伝えします。

TomoScopeはドイツの大手マルチセンサ―式三次元測定機メーカー、
Werth(ベアト)が開発・製造する計測を目的としたX線CT装置です。

2005年に最初のモデルがリリースされたので、誕生から18年位になります。


5年前に従来よりもずっと小型化したモデルTomoScope XSが開発されました。
これが世界的にご好評頂いています。

そこからは、小型モデルのラインナップを増やして、
現在TomoScope XSシリーズは以下の3つで展開しています。


・TomoScope XS FOV:
 - 最も安価(それでも高いですが)
  - スキャン時間が短い(約30秒/スキャン)
 - Max 160kV対応
 - 倍率固定

 ◇詳細:https://a13.hm-f.jp/cc.php?t=M350938&c=6090&d=eb6f


・TomoScope XS:
 - XS FOVに対して、分解能に強みあり(倍率可変)
 - 高速モードで最短約2分/スキャン
 - Max 160kV

 ◇詳細:https://a13.hm-f.jp/cc.php?t=M350939&c=6090&d=eb6f


・TomoScope XS Plus:
 - XS FOVに対して、分解能に強みあり(倍率可変)
 - 高速モードで最短約2分/スキャン
 - Max 200kV(樹脂やゴムだけではなくアルミや鉄も測定対象)
 - 分割スキャンが出来、より大きなサンプルが測定可能

 ◇詳細:https://a13.hm-f.jp/cc.php?t=M350940&c=6090&d=eb6f



この中で一番新しいのは、TomoScope XS Plusで200kVのX線管を
搭載出来るようになった事です。


X線の出力(kV)は、X線がどの位の物を透過するか、というX線のパワーを表します。

スキャンするサンプルの材質が、樹脂やゴムなどの透過し易いものであれば、
~160kVで十分ご対応出来る事が殆どです。

サンプルの大きさにも寄りますが、TomoScopeシリーズであれば、
アルミでも160kVで結構良いデータが取れます。


一方で、鉄や銅などの重金属になってくると、
サンプル自体が照射されたX線を沢山吸収してしまうので、
もっと強いパワーを当てないと、検出器に必要な信号が届かなくなってしまいます。

その為、金属向け(アルミ含む)は、
225kV以上の中型/大型のX線CT装置を選定されるお客様が多いです。



そこに来てWerthが小型モデルに200kVのX線管を搭載したので、
実際にどの位の材質x厚みまで対応出来るのか、気になっていたんですが、

最近、何件かTomoScope XS Plusをご紹介させて頂いているお客様の金属ワークを
200kVで測定させて頂く機会があり、

思っていた以上に225kVで取得したデータとの差が無く、びっくりしました!


パワーという点では、225kVや300kVより劣るかもしれませんが、
TomoScopeはとにかく他社さんのCTに比べアーチファクト(CTのノイズ)処理に
強みを持っているので、出力されるデータは、なかなか良い感じです。



以下がTomoScopeの透過の目安です。

この225kVまでの材質x厚みであれば、TomoScope XSシリーズでご対応出来そうですので、
計測用CTをご検討されている方がいらっしゃいましたら、是非ご評価下さい。


◇透過の目安:https://a13.hm-f.jp/cc.php?t=M350941&c=6090&d=eb6f




今週も最後までお読み頂きありがとうございました。

--

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム