logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. B-0027. 番外編:英語の主語とbe動詞 — AT

2015.06.17

B-0027. 番外編:英語の主語とbe動詞 — AT

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

番外編:英語の主語とbe動詞

発行:エスオーエル株式会社
http://www.sol-j.co.jp/

連載「高鍋鮎美の三次元測定機って何なの??」
2015年6月17日号 VOL.027

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
干渉計による精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、
無料にてメールマガジンを配信いたしております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



こんにちは。


ついこの前、新しい年度がスタートしたと思ったらもう6月中旬。
最近月日が経つのが益々早い気がしています。

ここ1ヶ月のメーカーからのニュースとしては、
CorningTropel社のエンジニアとマネージャーが来日して、
1週間、ある業界をあるテーマで訪問するというものがありました。

ただしこの業界はかなり秘密事項が多いので、内容は書けそうにありません。

そこで、今回のメルマガは番外編的に「英語」について書いてみたいと思います。


弊社はアメリカとドイツの測定機メーカーの代理店をしておりますので、
英語はしょっちゅう、メールだけならほぼ毎日使います。

私は入社前、海外で語学学校に通った後、ホテルで働いた経験があって、
一応は問題なく使えていると思っていましたが、それももう7年前なので、
最近基本的な、昔マスターしたと思っていたところがポロポロ怪しくなってきました。

やはり継続して新しく覚えていかないと、劣化するんですね。
少しショックでしたが、これを機にまたコツコツやっていこうと思います。

目指すはやはりネイティブが書くような、
接続詞や分詞がきれいに繋がって、一文が長いながらも読み手が一発で、
しかも誤解のしようもない文章を書くことですが、、、これがなかなか難しいです。


では、具体的に私のポロポロ怪しいところですが、
おそらくこのメルマガを読んで下さっている皆様は、海外とのお仕事もされている方が多い
と思いますので、ここで私と一緒に整理して貰えればと思います。

一先ず今回は「名詞と動詞の単数形・複数形の関係について」です。
なるべく分かりやすくする為に、今回はbe動詞で考えていきます。


be動詞であれば、Iなら「am」、YouやWe、They、その他の複数名詞なら「are」、
HeやShe、It、その他の単数名詞なら「is」ですね。

これが過去形になれば、amとisは「was」になり、areは「were」になります。

ここまでは大丈夫かなと思いますが、問題はここからです。

主語が一筋縄ではなくなった場合、動詞は単数形と複数形どちらが正しいのか。
この辺からが混乱の始まりだと思いますので、以下、幾つかのパターンをまとめてみます。

・You and I are ~ (You and I = We なので)

・Everyone / Everybody / Everything is ~ (everyの後は必ず単数形です)
・Each of them is ~ (eachは集団のそれぞれを意味しているので単数形です)
・All of them are ~
・Most of them are ~
・Some of them are ~
・Someone / Somebody is ~ (誰かという意味なので、通常1人を想定して単数形というの基本です) 
・Anyone / Anybody is ~ (同上)
・A few of them are ~
・None of them is ~
・No one / Nobody / Nothing is ~

この辺までがよく使うシリーズで、さらに混乱しやすいのが、

・Both of them are ~
・Either of them is ~
・Neither of them is ~

あとは名詞に対するルールとして使い分けられているものがあり、例えば、

1. pants(ズボン) / pajamas(パジャマ) / glasses(メガネ) / scissors(はさみ)等、
  必ず2個がセットの場合は複数形です。
  「ズボンは2個に分かれている」と言ってもピンと来ませんが、左右分かれているという事ですかね。

2.mathematics(数学) / physics(物理学) / economics(経済学) / politics(政治) 等、
  -icsで終わるものは単数形です。

3.news(ニュース)は単数形です。

4.police(警察)は複数です。
  ちなみに1人の警察官を表現する時は、a police officer等と言います。

5.距離、期間、合計金額等は1つのまとまりとして捉え、単数形です。
  ・Six miles is ~
  ・Three years is ~


他にも名詞には可算名詞・不可算名詞があって、不可算(つまり数えられない)名詞は、
単数形にする決まりがあります。

不可算名詞でイメージしやすいものに、water(水)がありますが、
一般的な水の話をしていればそれは不可算扱いになりますが、
例えばグラスに入った水を指す時は、a glass of water is ~、two glasses of water are ~と
グラスの方を複数形にして、動詞も複数になるので要注意です。


ただ主語とbe動詞の構図だけでも、結構なボリュームです。
単数か複数かを意識しない日本語からすると、ややこしいなぁと感じてしまいますが、
コツコツやるしかないですね。

今回は全く測定機に関係ない話になってしまいましたが、次回はなるべく頑張ります。

今週も、最後までお読み頂いて、ありがとうございました。


--
A.T

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム