logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. A-0128. ガウシアンフィルタ2回の計算 — TT

2021.10.27

A-0128. ガウシアンフィルタ2回の計算 — TT

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガウシアンフィルタ2回の計算

発行:エスオーエル株式会社
https://www.sol-j.co.jp/

連載「X線CTで高精度寸法測定!?」
2021年10月27日号 VOL.128

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、
無料にてメールマガジンを配信いたしております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



今回は、ガウシアンフィルタを2回連続で掛けると
どうなるか計算しました。

結果は、幅が U [mm] と V [mm] のフィルタ2回は、
√(U^2 + V^2) のフィルタ1回と等価になります。


【関連記事のリンク】

フィルタの種類と特徴:
  https://www.sol-j.co.jp/mailmag/d-0018.html

振幅伝達率の計算:
  https://www.sol-j.co.jp/mailmag/a-0046.html


【計算】

波長λで振幅 A0 の正弦波は、
カットオフ U のガウシアンによって、

  A1 = A0 exp{ -π(aU/λ)^2 }

のように、振幅が A1 に減衰します。

ガウシアンを2回掛ける操作は、
A1 に減衰した正弦波を更に指数関数で A2 に減衰させること
になるので、

  A2 = A1 exp{ -π(aV/λ)^2 }

となります。
A0 から A2 への減衰率を計算するために、式を展開すると、

  A2 = A0 exp{ -π(aU/λ)^2 } exp{ -π(aV/λ)^2 }
    = A0 exp{ -π(aU/λ)^2 -π(aV/λ)^2 }
    = A0 exp{ -π(a/λ)^2 ×(U^2 + V^2) }

となります。
ここで、W = √(U^2 + V^2) と置けば、

  A2 = A0 exp{ -π(aW/λ)^2 }

となり、幅が W [mm] のガウシアン1回になります。


例として、ガウシアン 3mm と 5mm を連続して掛けた場合は、
√(3^2 + 5^2) = 5.83 mm
のガウシアン1回と同じ結果となります。


--
高野智暢

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム