logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. E-0110. FlatMaster-Industrial 主要オプションの種類と概要 — MO

2021.06.30

E-0110. FlatMaster-Industrial 主要オプションの種類と概要 — MO

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
FlatMaster-Industrial 主要オプションの種類と概要
 
発行:エスオーエル株式会社
https://www.sol-j.co.jp/
 
連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」
2021年6月30日号 VOL.110

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、
無料にてメールマガジンを配信いたしております。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
 
こんにちは。営業の太田です。


いよいよ関東でも梅雨入りしましたね。


我が家では、子供たちと家庭菜園をすることが
夏の定番となっていまして、
今年は、茄子とオクラとヤングコーンの苗を植えました。


暑い日は、朝子供が水やりをしてくれ、
「茄子のお花が咲いてるよ!もうすぐ食べられるかな?」と
嬉しそうに毎日大事に育てていたのですが、、、


梅雨に入り、なかなかお世話ができず
しょんぼりしている子供たちです。

梅雨が終わり、太陽の光をいっぱい浴びて、
美味しい野菜が沢山なってくれることを願っています!




今回は、FlatMaster-Industrial主要オプションの種類と
それぞれの概要についてお伝えします。


1.XR、XRAオプション
 縞感度約1.8μm/fringe~約7.8μm/fringeの間で、
 3段階可変することが可能なオプションです。

 以下のような場合にご案内することが多いです。 


 ・サンプルの平面度に幅がある場合
  平面度が10μm以下などの、平面度が良いサンプルの場合、
  縞感度の数値を小さく設定することで精度良く測定が可能です。

  一方で、大きな反りがあるサンプルや局所勾配のあるサンプルに対しては、
  縞感度の数値を大きく設定することで、取得領域が広がる場合があります。


 ・サンプルが鏡面、粗面どちらもある場合
  縞感度(≒入射角)を可変させることにより、反射率が変わります。

  測定面が粗面の場合、縞感度が小さいほど反射の際レーザー光が分散され、
  干渉に十分な反射を得られません。
  その場合、縞感度をあげることにより、反射を得られる場合があります。


 ちなみに、XRとXRAの違いと致しまして、
 以下の通り、感度設定の範囲が異なります。

 XR :縞感度約4.0μm/fringe~約7.8μm/fringeの間で3段階可変
 XRA:縞感度約1.8μm/fringe~約7.8μm/fringeの間で3段階可変



2.FFTオプション
 透明品を測定する際にご案内することが多いオプションです。

 プリズム表面での反射光と、サンプル表面での反射光(1次フリンジ)を
 利用した干渉の結果を表面形状としておりますが、

 透明品の場合、この2つの反射光に加え、サンプル裏面からの反射光が
 加わる場合があります。これを2次フリンジと呼びます。

 FFTオプションが無いと、1次フリンジと2次フリンジを分離することができず
 表面形状の測定結果が意図しない結果になることがあります。

 FFTで2次フリンジの分離が出来ることによって、
 厚みムラなど一部の項目を測定できる場合もあります。

 ※ ただし透明品の場合でも、裏面からの反射を十分に得られる場合に限り、
   サンプルの厚みや屈折率に応じて異なります



3.リファレンスフラット
 光学エラーなど、少しの誤差も測定結果に影響が出るような測定、
 例えば、平面度1μm以下の測定の際に
 使用していただくことをおすすめしています。

 ↓↓詳しくは、過去の記事を御覧ください。↓↓
 https://www.sol-j.co.jp/mailmag/d-0134.html



まだオプションは他にもありますが、
以上が、お客様にご案内することが多いオプション3種類となります。

 ※ 一部、FlatMaster40と100,200で内容が異なる部分があります 


FlatMaster-Industrialをお使いのお客様で、

「そういえば最近データが欠落してしまうが、全体の形状を把握したい」

ですとか、

「透明品を測定するようになったが、裏面からの干渉が測定に影響しているようだ」
「1μm以下の製品を測定する機会が増えてきた」


等々、オプション追加で何かお手伝いできることがございましたら
お気軽にご連絡いただけると幸いです。


新たに装置ご購入を検討中のお客様も、少しでも
FlatMaster-Industrialの「出来ること」について理解を深める
手助けになれていたら、嬉しく思います。



本日はここまで。


これから、ジメジメした梅雨が続くと思いますが
体調など崩されないよう、ご自愛ください。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


--
M.O

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム