logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. E-0103. 新バージョンで強化されたDMISプログラム編集機能 — YI

2021.01.27

E-0103. 新バージョンで強化されたDMISプログラム編集機能 — YI

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
新バージョンで強化されたDMISプログラム編集機能
 
発行:エスオーエル株式会社
https://www.sol-j.co.jp/
 
連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」
2021年1月27日号 VOL.103
 
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、
無料にてメールマガジンを配信いたしております。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
 
こんにちは。
私は営業技術グループで、
三次元測定機 (CMM) を担当しております。

本日は、これまでにも何度かお知らせしております、
WinWerth 新バージョンについて、私からもお話したいと思います。

一言で言うと、プログラム編集機能が色々と強化されています。

------

まず、主に CMM で使用する機能「点配布」が、再編集に対応しました。

点配布 (point distribution) という機能は、
ジョイスティックで手動操作して測る代わりに、
「円状に 6 点取れ」といった情報を与えて自動測定させる機能です。

以前のバージョンでは修正・再編集が煩雑でしたが、
新バージョンではスムーズに修正が可能になりました。

測定プログラム作りでは、以前作ったものを修正することも多いと思いますので、
作業時間が大きく短縮されると期待できます。

次に、パラメトリック DMIS の編集対応が強化されました。

WinWerth での操作のほとんどは、記録させ、
あとてプログラム実行させることができます。
これは、操作の一つ一つを DMIS というプログラムコードで
記録することで実現しています。

手動操作を積み上げても作れますし、点配布のような
自動操作と組み合わせても作れます。
そして、テキストエディタを使用して、すべてプログラムコードを
記述して作ることもできます。(パラメトリック DMIS)

これまでのバージョンでは、パラメトリック DMIS は WinWerth で
ほぼ編集できず、テキストエディタが手放せませんでした。

CMM を覚えるにあたり、テキストの編集ノウハウが必要だったということです。

新バージョンでは、グラフィカルなユーザーインターフェース上で
編集が可能ですので、例えば、

- 測定が終わったら、音を鳴らす。

- 測定が終わったら、出力結果ファイルを加工プログラムに渡して実行する。

- 測定の始めにサンプル ID の入力ダイアログを出し、出力結果ファイル名に使用する。

といった機能を、測定プログラムに画面から追加することが可能です。

------

WinWerth のように、専門的用途に特化したソフトウェアは、
どうしても取っ付き難いものです。

Werth 社でも改良が重ねられていますが、私共の方でも、
お客様ができるだけスムーズに使えるようにサポートして参ります。

以前のメルマガで、音を鳴らすプログラムコードを紹介しましたが、
テキストエディタの使用を前提にしていました。
取っ付き難いものを書いてしまったと、反省しております。

「出力結果ファイル名を取得できない」旨も書きましたが、
上記のように、可能でした。申し訳ございません。精進します。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


--
Y.I

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム