logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. E-0100. WinWerth最新バージョン 便利な機能 — AT

2020.11.25

E-0100. WinWerth最新バージョン 便利な機能 — AT

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
WinWerth最新バージョン 便利な機能
 
発行:エスオーエル株式会社
https://www.sol-j.co.jp/
 
連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」
2020年11月25日号 VOL.100
 
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、
無料にてメールマガジンを配信いたしております。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
 
こんにちは。営業技術の田井野です。


前回担当したメルマガ(8月最終週)では、
WinWerthの新機能について、ご紹介致しました。
今回も引き続き、最新バージョンのWinWerthについてです。

今回は前回のメルマガではお伝えできなかった
最新バージョンWinWerthの便利な機能を2つ、ご紹介したいと思います。


1.クリッピングレイヤー


データの可視化に関する機能で、
3次元データを任意の断面で切り取り、内部状態を確認することができます。
(断面の片側の形状が非表示になります。)
断面の方向、位置はマウス操作で容易に変更することが可能です。

旧バージョンでも内部を確認する手段はありましたが、
見たい断面が固定だったりと、使い勝手はあまり良いとは言えませんでした。

解析の際に、どの断面方向、位置で寸法測定をするかの判断等々、
内部状態を確認したいことって多いんですよね。

実際使ってみてからは、私の中で
なくてはならない機能になりました。


2.CAD比較データ保存


旧バージョンでも、CADとスキャンデータの偏差カラーマップを
3次元データとして出力することは可能でした。
しかし、データ出力は自動ではできず、手動で実施する必要がありました。

新バージョンでは、CAD比較データの保存がプログラムに組み込めるようになりました。
即ち、自動でCAD比較データの保存が可能になります。
扱うデータ数が多いほど、解析にかける手間と時間の削減ができますね!

ちなみに保存したデータはWinWerthがない環境でも、
Werth社製のフリービュワーでデータの可視化、閲覧が可能です。


以上、今回は最新バージョンWinWerthの便利な機能を2つ、ご紹介致しました。
前回に比べると少し地味ですが、知っていると便利な機能です。
記憶に留めて貰えたら、幸いです。


最後までお付き合い頂き、有難う御座いました。


--
A.T

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム