logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. E-0099. CFLのご紹介 — YI

2020.10.28

E-0099. CFLのご紹介 — YI

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
CFLのご紹介
 
発行:エスオーエル株式会社
https://www.sol-j.co.jp/
 
連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」
2020年10月28日号 VOL.099
 
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、
無料にてメールマガジンを配信いたしております。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
 
こんにちは。
私は営業技術グループで、
三次元測定機 (CMM) を担当しております。

近日、ドイツ Werth 社と インターナルな Webinar を行います。
在宅で参加できるため便利ですが、実機に触れないのが難点です。
COVID-19 には困ったものですね...

そういえば、COVID-19 流行前に直接セミナーを受けてきたのですが、
メルマガに書くのを忘れておりました。

今回書きましてもまた陳腐化してしまいそうですので、
印象に残ったものだけ紹介したいと思います。

------

ぜひ知って頂きたいのは、CFL (Chromatic Focus Line) センサーです。

白色光の色収差を使い、非接触で距離が測れるセンサーには、
CFP というセンサーがありました。
これをライン状に集積したものが CFL です。
1 方向にスキャンするだけで 3D データを取り込めます。

機械式時計のように、面の高さがマチマチの形状であっても
一度のスキャンで取り込めますので、タッチプローブよりも極めて高速です。

どんな感じかは、動画がありますのでご覧ください。

動画では、3D 形状を取り込んだ後、CAD と比較して色付けしています。

一度に取り込む Z 方向のレンジでラインナップがあります。
最大 3.9 mm レンジの製品がありますが、スポット径は 10 um のように、
大きくなってしまいます。

ラインナップにはそれぞれ、
ダイナミックレンジや分解能の特性がありますので、
目的に応じて選択します。

------

私たちは、主に非接触の光学を応用した様々なセンサーを搭載した
形状・座標測定機を長年扱っています。
ご要望に合わせて、幅広い選択肢の中から、
最適なものをご提案しております。

是非お問い合わせ下さい。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


--
Y.I

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム