logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. D-0122. FlatMaster基本機能の復習 — FN

2017.01.25

D-0122. FlatMaster基本機能の復習 — FN

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
FlatMaster基本機能の復習 
 
発行:エスオーエル株式会社 
http://www.sol-j.co.jp/ 
 
連載「知って得する干渉計測定技術!」 
2017年1月25日号 VOL.122 
 
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 
干渉計による精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 
無料にてメールマガジンを配信いたしております。 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
 
 
こんにちは、並木です。 
 
新年迎えてあっという間の25日です。早すぎます、1か月。 
年末から新年にかけて、食べて食べての日々を送った結果、3Kg増。 
確かに、食べすぎだなとは思っていましたが、まさかの3Kg増(汗) 
少しづつ元の体型に戻るよう、精進して参ります。 
(ちなみにまだ、滝廉太郎です) 
 
 
今回のメルマガは、私の連載2017年初回なので、復習から入りましょう。 
今回のメイン測定機はFlatMasterです。 
最近、FlatMasterの引き合いが増加傾向です。まだFlatMasterが 
知られていないのだなと感じています。 
 
FlatMasterの特徴は、なんと言っても測定時間がとっても早い! 
サンプルをプリズム上にポンと置くだけで干渉縞がPCのモニター 
上に現れ、測定ボタンをクリックすれば測定開始~データ出力を 
自動で行い、早ければ10秒で完了してしまいます。 
 
また、データ数も約250000点!もし接触式で1点1点データを取得 
していたなら一体何日費やすことになるのでしょうか? 
干渉縞が捉えられた領域までデータ点を出力することが可能なので、 
1点1点測定するよりも、平面度の最大点や最低点の取り損ないを 
軽減することができます。 
 
測定プロットも、等高線図・鳥瞰図・断面解析図や3D plotと、 
お客様自身で好きなレイアウトに変更できます。 
断面解析図では、X軸・Y軸でスライス出来るのはもちろんのこと、 
半径や直径や円周方向にスライスすることも可能です。 
スケールの調整も任意の数値を入れることも可能です。スケールの 
調整が可能なため、加工前後等、どのように平面度が改善された 
のか一目瞭然です。 
 
 
色んな場面で使われているFlatMasterはマルチな戦士ですね。 
また、次回もFlatMasterについてお話できればと思います。 
 
今回も弊社メールマガジンを読んでいただき誠にありがとう 
ございます。今年も引き続きよろしくお願いします。 
次回のメールマガジンでお会いしましょう! 
 
以上、営業技術の並木でした ☆See you next month☆ 

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム