メールマガジン

logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. B-0125. ~Φ300mmウェーハ向け平面度測定機「MSP300-SemiAuto Wafer」 — A.T

Warning: Array to string conversion in /home/r4051213/public_html/sol-j.co.jp/cms_22_sol/wp-includes/taxonomy.php on line 3720

Warning: Array to string conversion in /home/r4051213/public_html/sol-j.co.jp/cms_22_sol/wp-includes/category-template.php on line 1301

2023.11.29

B-0125. ~Φ300mmウェーハ向け平面度測定機「MSP300-SemiAuto Wafer」 — A.T

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

~Φ300mmウェーハ向け平面度測定機「MSP300-SemiAuto Wafer」

発行:エスオーエル株式会社
https://www.sol-j.co.jp/

連載「高鍋鮎美の三次元測定機って何なの??」
2023年11月29日号 VOL.125

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などを
テーマに、無料にてメールマガジンを配信いたしております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



こんにちは。営業の高鍋鮎美です。


今回は、Corning Tropel社の新しい装置
「FlatMaster MSP300-SemiAuto Wafer」について、
ついに世界一号機の実機が完成した!というお話をします。

Tropelだと、斜入射干渉計でご認識頂いている方が多いと思います。
ウェーハや機械部品など、~Φ200mmまでの平面度測定をする装置で、
FlatMasterやUltraSortという装置名です。

それに加え、Tropelではこの数年間、
MSPというモデルの開発にも力を入れてきました。

※ MSPとはMulti Surface Profilerの頭文字で
 「複数の面の解析装置」という意味です。
 (もっときれいな言葉がありそうですが、直訳するとそんな感じです。)


特徴は半導体レーザーを使った全面一括測定で、
垂直入射方式を採用しています。

データ数は約400万点、Z方向分解能は0.01μm。
測定中にレーザーの波長を微小に変化させる、
という珍しい技術を搭載し、
複数面があるサンプルでも
面それぞれのデータを解析することが出来ます。

MSP自体は私が入社した15年前にはあって、
暫くは特殊な形状の機械部品向けに
ご利用頂いてきました。
(扱いが難しくてあんまり売れない装置という印象でした…)

それが、近年、
~Φ300mmガラスや~Φ300mmシリコン基板の
高精度な測定ニーズに対して、
技術的な差別化によって、
MSPを選んで頂けるケースが増えてきたんです!

この好機を掴むため、
TropelではMSPシリーズのラインナップを増やしたり、
お客様のニーズに合わせて解析項目や、
基板の保持方法の選択肢を増やしてきました!

そして今現在、~Φ300mmウェーハ向けには、
以下のラインナップがあります。

 ・FlatMaster MSP300-Glass(テグスタイプ)
 ・FlatMaster MSP300-SemiAuto Wafer(ご要望に合わせたステージタイプ)
 ・自動機もご対応可(自動搬送ロボット付き)

※ アズスライス、ラップ、ポリッシュ全ての工程で実績ありです!


冒頭で触れたのは、上記2つ目の
「FlatMaster MSP300-SemiAuto Wafer」という半自動機モデルが、
Corning Tropelにて1号機が誕生し、
~Φ300mmガラスやシリコンウェーハの測定で、
とても満足なパフォーマンスを見せている!というニュースです。


今年のQ4からまた半導体業界が
良いサイクルに入ったという情報を目にします。
その一番ボリュームが大きいシリコンやガラスの業界で、
Tropelの装置もようやく本腰を入れて
関わっていけるというのは、弊社としてもワクワクします。

 
今週も最後までお読み頂きありがとうございました。

--

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム