logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. B-0075. 番外編:【英語】日時を表す表現 — AT

2019.07.03

B-0075. 番外編:【英語】日時を表す表現 — AT

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

番外編:【英語】日時を表す表現

発行:エスオーエル株式会社
http://www.sol-j.co.jp/

連載「高鍋鮎美の三次元測定機って何なの??」
2019年7月3日号 VOL.075

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、
無料にてメールマガジンを配信いたしております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



こんにちは。営業の高鍋鮎美です。

今回は英語のフレーズで、特に日時を表す表現について、
まとめていきたいと思います。


私自身、TropelやWerthとやり取りをする際に、

「(いつ)までに~して欲しいです。」や
「(いつ)に~する予定です。」

といった日時情報の入った連絡をする事が多いのですが、

この日時に関するフレーズは、
使っている単語は簡単なように見えて、実は、

前置詞選びや、語順、冠詞(the)を付けるか付かないかなど
案外気を付ける事があり、なかなか難しいです。



例えば、

・next week
・the next week

この2つは意味が異なります。


「next week」は、そのまま「来週」という意味ですが、
「the next week」は「今日を起点とした丸一週間」という意味だそうです。


例文にすると、以下のようになります。

・Any scheduled plans for next week?
 (来週、既に決まっている予定はありますか?)

  ※今日が7/3(水)として、来週は7/7(日)~7/13(土)です。


・Any scheduled plans for the next week?
 (これからの1週間で、既に決まっている予定はありますか?)

  ※今日が7/3(水)であれば7/3(水)~7/9(火)です。


このように、たった「the」が有るか無いかだけで、
予定の認識にズレが生じてしまうというのは驚きです。

念の為、日にちも一緒に伝えておくと安全ですね。



あとは、
日付、曜日、時間といった情報の書き方ですが、
ここにも幾つかポイントがあるようです。


1.日付の書き方はイギリス式とアメリカ式で異なる:
  
  イギリス式は、曜日/日/月/年
  アメリカ式は、曜日/月/日/年 だそうです。

  ・イギリス式:Wednesday,3rd July,2019
  ・アメリカ式:Wednesday,July 3rd,2019

      
2.省略の仕方:
  
  曜日や月は最初の3文字+「.」で省略出来ます。

  ・Wednesday→Wed.
  ・July→Jul.

    日にちも単に数字だけでも問題なしです。
  
  ・3rd→3


3.数字だけの表現:
  
  より簡単に書く場合、スラッシュやハイフンを用います。

  ・3/7/2019
    ・7-3-2019

    但し月を数字で書くと、イギリス式かアメリカ式か
  分かりにくいので「July」と文字で書いた方が無難かもしれません。


4.時間:
  
  時間は「at」を使う事が多いです。
  日付の前でも後ろでも大丈夫です。

  ・at 10am on 3rd July
    ・on July 3rd at 10am
  

5.前置詞for:
  
  ある決まった日を表す時は「on」を使う事が一般的ですが、
  「for」を使う事もあるんです。

  ・I will visit the customer on 5th July.
    ・I arranged a meeting with the customer for 5th July.

    上の文章は、「7月5日にそのお客様へ訪問します。」
  下の文章は、「7月5日でそのお客様との打合せを調整しました。」

  
  もし下の文章でonを使うと、

  I arranged a meeting with the customer on 5th July.
    (私は7月5日にそのお客様との打合せを調整しました。)

  となり、

  「7月5日」という未来に
  「調整を行った」と動作が終わったという、
  よく分からない文章になってしまいます。


  ですので、この場合は、
  「7月5日に向けて調整をした」というニュアンスで「for」になるわけです。





今週も、最後までお読み頂き、ありがとうございました。


--
A.T

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム