logo

logo

メールマガジン・新着情報一覧

  1. TOP
  2. メールマガジン・新着情報一覧
  3. B-0072. 番外編:【英語】接続詞 — AT

2019.04.03

B-0072. 番外編:【英語】接続詞 — AT

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

番外編:【英語】接続詞

発行:エスオーエル株式会社
http://www.sol-j.co.jp/

連載「高鍋鮎美の三次元測定機って何なの??」
2019年4月3日号 VOL.072

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、
無料にてメールマガジンを配信いたしております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



こんにちは。営業の高鍋鮎美です。

今回のメルマガは久しぶりに英語にしたいと思います!


英文を書いていると、
気付けば「and」「but」「so」がオンパレードのように並んでいて、
「意味は合っているんだけど幼稚な文だなぁ」と感じる事がよくあります。

もちろんこの3つはとても便利で使い易いのですが、
それだけに頼ってしまわない為に、
今回のメルマガでは他の接続詞も整理してみたいと思います。


始める前に、接続詞について調べていると、
接続詞は「等位接続」と「従位接続」に分けられるという事を
初めて知りました!

その接続詞がどのような役割を持つのかをイメージしてみると
確かにそうだなぁと思います。



【等位接続】
 2つの文章を同じ位の強さ(重要性)で繋いているイメージです。

 ・and (~と/そして)
  ・so (だから)

 ・but (しかし)
 ・or (または)

 ・yet (しかし)
   例:That is a simple yet effective idea.
          (それはシンプルだけど効果的なアイディアだ。) 

 ・both A and B (AもBも)
 ・either A or B (AかB)
 ・neither A nor B (AもBも~ない)
 
 ・not A but B (AではなくB)
 ・not only A but also B (AだけではなくBも)

 ・A as well as B (AばかりではなくBも)  



【等位接続と同じ働きをする接続副詞】

 ・also (~も/その上) 
 ・moreover (その上)
 
 ・in addition (加えて)
 ・futhermore (さらに)
 ・on top of that (その上)

 ・however(しかし)

 ・nevertheless (それにも関わらず)
 ・otherwise (さもないと)

 ・besides (~の他に)

 ・therefore (それゆえに)
 ・hence (それゆえに)

  ・still (それでもなお)

 ・for example (例えば)
 ・for instance (例えば)



【従位接続】
 1つの文がもう1つの文の補助的役割をしている関係です。
 
 1.条件を表す従位接続詞:
 
 ・if (もし~なら)
 
 ・as far as (~する限りは)
 ・as long as (~する限りは)

 ・in case (~する場合は)
 ・unless (~しない限りは)

 ・provided/providing (もし~なら)
 ・suppose/supposing (もし~なら)
 ・given (~を考えると)

 ・on condition that (~の条件で)


 2.時を表す従位接続詞:

 ・when (~する時)
 
 ・whenever (~する時はいつでも)
 ・while (~の間に)

 ・before (~の前に)
 ・after (~の後に)

 ・till (~まで)
  ・until (~まで)

 ・since (~以来)
 ・as soon as (~するとすぐに)

 ・once (一旦~すると)
 ・by the time (するまでには)

 ・every time (~する時はいつでも)
 ・no sooner than (~するとすぐに)

 
 3.原因を表す従位接続詞:
 
 ・because (~なので)

 ・because of (~が原因で)
 ・due to (~が原因で)

 ・owing to (~が原因で)
 ・on account of (~が原因で) 

 ・since (~だから)

 ・thanks to (~のお陰で)

 ・seeing that (~と考えると)


 4.目的を表す従位接続詞:

 ・in order to (~する為に)
 ・for the sake of (~の為に)

 ・so as to (~する為に)

 ・in such a way that (~するように)


 5.譲歩を表す従位接続詞:

 ・although (~にも関わらず)
 ・though (~にも関わらず)

 ・even if (たとえ~でも)
 ・even though (たとえ~でも)

 ・while (~だがその一方で)

 ・nevertheless (~であるにも関わらず)

 ・despite the fact that (~にも関わらず)
 ・in spite of the fact that (~にも関わらず)


そして様々な意味で使える接続詞「as」もあります。

「as」は主に、以下の意味で使われます。

 ・~なので (原因)
 ・~の時、~するにつれて (時)
 ・~として/~のように (様態)
 ・~にも関わらず (譲歩)
 

他にもまだまだあるようですし、
分詞などを使えば、もっと接続のバリエーションは広がります。


一先ずは上記にリストアップした表現あたりを使いこなして
言い回しに幅を持ちたいものです。



今週も、最後までお読み頂き、ありがとうございました。


--
A.T

一覧に戻る

お問い合わせ Contact

048-441-1133

お問合せフォーム