連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ まんがでわかる!X線CTで三次元測定:測ってみよう!編 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」 2019年12月18日号 VOL.087 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 無料にてメールマガジンを配信いたしております。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ こんにちは、メルマガ担当の稲川です。 急なご連絡および私事で恐縮ですが、一身上の都合により 今月末をもって退職することとなりました。 短い間でしたが、これまでまんがでわかるシリーズを ご愛読頂きありがとうございました。 この続きは描き上げて会社に置いていくので、 メルマガ読者の皆様には何らかの形でご覧頂けるかと思います。 さて、前回は観察用CTと測定用CTの違いをご紹介しました。 今回から実際に測定用CTでどのように測定するか見ていきましょう。 前回はこちら→ 観察用CTと測定用CT編 第一回はこちら→ お悩み編 manga04 manga04 ※こちらはメールマガジン会員限定コンテンツです。 メールマガジンの新規ご登録はこちら 私はこの会社に入って初めて測定の世界に触れましたが、 測定は「なるべくしないのが理想」というのは衝撃でした。 測定自体は一円も稼ぐものではなく、やればやるほどコストがかかり、 (この漫画の開発現場のように)他の業務も圧迫してしまう。 全く問題なく最終製品が動きさえすれば、究極いらないのだと。 それでも「もっと良いものを、安定して作りたい」と より高い場所を目指すのであれば、測定はその足がかりとして不可欠です。 そうしたお客様の願いに応えるべく、弊社が取り扱う測定機は全て 「なるべく早く、高精度で、全体形状を」測定できるよう、 日々技術開発が進められています。 寸法測定用CTはまだ新しい技術ですが、世界的にも これからどんどん従来の測定方法に替わっていくはずです。 この漫画も、そんな新しい測定の可能性を知って頂く きっかけになりましたら幸いです。 最後になりましたが、今後ともエスオーエルと メールマガジンを宜しくお願い致します。 皆様のさらなるご発展、ご活躍をお祈りしております。 -- 稲川 ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから