連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ まんがでわかる!X線CTで三次元測定:CTの仕組み編 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」 2019年9月18日号 VOL.082 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 無料にてメールマガジンを配信いたしております。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ こんにちは、メルマガ担当の稲川です。 私ももう10年まんがを描いていますが、 このまんが製作の分野でも技術の進歩は目まぐるしいものです。 たった10年前は紙にインクをつけたペンで描いたものをスキャンして、 写真編集用のソフトでセリフを入れていました。 今ではまんが製作に特化したソフトウェアやタブレットがあり、 絵を描くのもセリフを入れるのも全てデジタルで完結します。 読む媒体も紙は減り、WEBやアプリ、電子書籍が急速に普及しています。 まんがの分野はアナログからデジタルへ移行していますが、 測定の分野も、二次元から三次元へ移行する大きな流れがあります。 その流れの中でX線CT三次元測定機は、 「非破壊で内外の三次元形状を測定できる」 という特長が注目され、日々さまざまな業界・業種の方から お問合せを頂いております。 今回はその「X線CT三次元測定機」の「X線CT」の部分について、 簡単にお話しましょう。 前回はこちら→ CTで測定?編 第一回はこちら→ お悩み編 manga03 manga03 ※こちらはメールマガジン会員限定コンテンツです。 メールマガジンの新規ご登録はこちら まんがにする都合上、どうしても説明し足りない部分も出てきます。 もっと深く知りたい!という方は、下記URLを参考にして頂ければ幸いです。 ・CTのもう少しだけ詳しいお話はTomoScopeの専用サイトに掲載しています。  ダウンロードできるビギナーズハンドブックもおすすめです。  →初めての方へ X線CT装置とは(WEB)  →ビギナーズハンドブック(ダウンロード) ・さらに応用編として、作中で少し触れたラドン変換については、  エスオーエルのWEBサイトと過去のメルマガで解説しています。  興味のある方はこちらをご覧下さい。  →投影切断定理とX線CT 次回三次元測定編(仮)は10/16(水)に配信予定です。 それではまたお会いしましょう。 -- 稲川 ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから