連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ FlatMasterのレーザークラス 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」 2018年12月19日号 VOL.068 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 無料にてメールマガジンを配信いたしております。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 皆様ごきげんよう! 営業の佐藤です。 最近皮膚科でレーザー治療を受けました。 10代後半から目の周りの中心に1~2mm程度の 小さな水膨れができていて、当時は数が少なかったこともあり 気にしていなかったのですが年々増えてきて、 水膨れ同士がくっついて大きくなってしまったり、 まぶたがぼこぼこになってしまったため、 この2、3年かなり気になっていました。 皮膚科で相談したところ、女性に多い汗管腫という 良性の腫瘍とのことでした。 男性の先生だと痛くもかゆくもないものを わざわざ取らなくてもいいでしょうと 言われることが多かったのですが、 女医さんにかかったところ、 レーザーで焼けばきれいになるので どうしても気になるようだったら 検討してみてくださいとのことでした。 とはいえ、レーザーで焼くなんてなんだか怖いし 痛そうだし、保険適用外でそれなりに費用もかかるしと ずっと悩み続けていたのですが、 レーザー治療を受けた後、数か月はその患部が しみになりやすいと聞き、 紫外線の少ない今の時期にやるしかない!と 一念発起して美容皮膚科に行ってきました。 麻酔のクリームを塗ってもらって30~40分後、 いざレーザー!! 頬はさほど痛くなかったのですが、目の周りは 皮膚が薄いからか、とてつもなく痛かったです(涙) じりじりと焼けるような感覚、焦げ臭いにおい。 手に汗握る、永遠より長い数分間でした。 終ったあと見てみたら意外にも焦げてはおらず、 Φ1.5~2mmの座ぐり穴といった様相でした。 その後1週間程小さな絆創膏を貼って過ごす間に 凹んでいた部分が復活してきて 1ヵ月ほどたった今では赤みが残っているものの、 かなり綺麗になって大満足です。早くやれば良かったです。 さて、レーザーはこのように水膨れを 蒸散させることもできる一方、 使い方を誤れば非常に危険とも言えます。 最近あまり聞かなくなりましたが 少し前までは粗悪なレーザーポインターによる 事故や悪質ないたずらがニュースになることもありました。 レーザーを用いた機器には安全基準が 設けられていて、その危険度によってクラスが分けられています。 弊社で扱うCorning Tropel社の平面度測定機も もれなくレーザーを使用しています。 UltraSortを含むFlatMasterシリーズの 光源は635nmの半導体レーザーでして、 光源のクラスは3Bです。 3Bというと... 直接レーザービームを見ると危険。 拡散反射光であれば比較的安全。 というレベルです。 装置をお持ちのお客様はご確認頂ければと 思いますが装置に ”!DANGER CLASS 3B LASER INSIDE"と 警告するシールが貼ってあるはずです。 ただしFlatMasterシリーズは 全面一括測定をするために レーザー光を装置内部のコリメータレンズを 用いて拡げていますので、 測定面のレーザークラスは2Mです。 2Mというと 虫眼鏡などの光学製品を使わない限りは たとえ目に入ってもまばたきなどの 生理的嫌悪反応によりクラス1並みの 安全性が確保されるレベルです。 さらにUltraSortはこの干渉計部がさらに 筐体で覆われているため装置外部は クラス1です。 クラス1というとレンズや望遠鏡など どのような光学系で集光したとしても 目に対して安全なレベルで、 おもちゃなどでも使われるクラスです。 つまりまとめるとFlatMasterシリーズは レーザーを使用していますが、 意図的に光源を凝視したりしない限りは 安心してお使い頂けますということです。 今週も最後までお読み頂きましてありがとうございました。 それでは皆様ごきげんよう。 佐藤 ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから