連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 複合品データの材質分離作業 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」 2018年1月31日号 VOL.053 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 無料にてメールマガジンを配信いたしております。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ こんにちは、営業技術の並木です。 1月末、インフルエンザにかかりました。 そして、私が移したのかは不明ですが、 夫と息子もインフルエンザにかかりました。 並木家パンデミックです。 マスクに手洗いに十分な睡眠をとってください。 インフルエンザはなってしまったら仕方がないです、 諦めて寝ましょう。 今回のメルマガは 「複合品データの材質分離作業」についてです。 金属と樹脂の複合品の解析についてですが、 材質毎に寸法解析したいお客様には、 材質分離専用のソフトウェアを使用します。 複合品をスキャンすると、金属のみしかSTLができない、 樹脂も寸法測定したい!というお客様に好評です。 WinWerthにてSTLを作成する時と同様、 レントゲン像の2D情報を360度分合わせることで 3D情報にしたrekデータ(ボリュームデータ)を 使用します。 ここから、材質毎のコントラストの差を利用し、 分離する作業があります。 ボリュームデータのスライス画像数枚にて 各材質を塗り絵のように分離した後、 3D形状を捉えていきます。 この時、ぼやけたボリュームデータだと、 うまく分離できないことがあります。 そんな時には、フィルタを使って、 ぼやけた箇所を鮮明にして分離させます。 この機能を使用すれば、 材質の異なる部品でもSTLを分離することができます。 さらに、きれいに分離したSTL同士を1つのSTLとして吐き出して、 WinWerth上で寸法解析やCADとフィッティングさせることも可能です。 この状態で断面をカットした時も、 金属部と樹脂部で問題なく寸法解析が可能です。 まだまだ、いろいろな機能があります。 少しづつ、お役に立てる解析を紹介していけたらと思います。 本日はここまで! -- 並木 ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから