当社は埼玉県に本社をおく、測定機の "エスオーエル株式会社" です。 同名あるいは類似の企業名にご注意下さい。

メールマガジン記事

【 概 要 】

エスオーエルでは、精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 無料にてメールマガジンを配信いたしております。 Webでは公開されない情報があることや、最新情報をいち早くお届けするためにも、 メルマガ会員登録をおすすめしております。

【 記 事 】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
DAkkS認証とVDI/VDE 
 
発行:エスオーエル株式会社 
http://www.sol-j.co.jp/ 
 
連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」 
2016年10月19日号 VOL.035 
 
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 
X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 
無料にてメールマガジンを配信いたしております。 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
 
 
こんにちは。 
 
この連載は普段高鍋が担当しておりますが、彼女からのキラーパスを受け、 
今回は私、営業の佐藤が特別出演です。 
 
初めてのメルマガにぶるぶるしています。 
 
難しいと大好評(?)の回もありますが、今回は複雑な式は出てきませんので、 
ご安心ください。ややややこしいお話なだけです。 
 
「ややややこしい」という言い回しは「ややこしい感」が見事に表現された 
音感だなあと、読みづらさを承知でわざと使いました。 
 
 
 
どうでもいい話が長くなってしまいましたが、 
ずばり、今回のテーマはTomoScopeの精度保証についてです。 
 
普段、TomoScopeはDAkkS認証を受けた唯一のX線CT装置です!と 
声高らかにご説明していますが、その理由は少々複雑です。 
 
まず、X線CTでの測定は、まだISOが整備されていません。 
2020年の規格化を目指し、議論を進めているそうですが、 
各国の主張を取りまとめるのに難航しているようです。 
 
そこで、CTの世界を牽引しているドイツでは、 
ISOに先駆け、VDI/VDE(ドイツ技術者協会)で独自に規格化しています。 
 
それがVDI/VDE2630という規格です。 
 
サファイアの基準球や、MKDNという27本のピンの先端にルビー球がついている 
デバイスなどを使って評価します。 
 
↓MKDNの写真はこちら↓ 
http://tomoscope.com/technical/seido.html
 
MKDNはMulti sphere standard、フォレストゲージなどとも言われます。 
ちなみに弊社ではマッチ棒、剣山、バースデーケーキなど、各々思い思いの 
あだ名で呼んでいます。 
 
基準球やMKDNなどのデバイスは、それぞれWerth社の三次元測定機にて校正されます。 
※Werth社は校正や試験を行う技術的な能力があることを示すISO17025を取得しています。 
 
TomoScopeもこのVDI/VDE2630にのっとり、 
CTとしての精度確認テストを実施してから出荷されます。 
ちなみに精度の4.5µmに対し、半分程度の実力でこのテストをクリアしています。 
 
ただ、この規格は寸法測定用途のCTならTomoScopeに限らず、準拠しているはずです。 
 
では、TomoScopeだけがDAkkS認証と謳っているのは何故でしょうか。 
 
答えはTomoScopeはVDI/VDE2617にも準拠しているからです。 
 
いよいよ、ややこしさが栄華を極めて参りました。 
実は、VDI/VDE2617は三次元測定機用の規格で、ISO10360に対応しています。 
 
TomoScopeはCTだけでも精度保証ができますが、 
製造時は、まず三次元測定機として組み立てられています。 
 
この時にグラススケールという低膨張ガラスでできた定規のような 
基準器を使い、X軸、Y軸、Z軸の座標系をしっかり校正します。 
 
つまり、三次元測定機としても精度を保証しているということです。 
三次元測定機としてのセンサーはご注文が無ければ、取り外して出荷されます。 
 
順序としてはこうです。 
 
〇絢仝蟻定機として組み立て、精度確認 
 (VDI/VDE2617準拠) 
X線管などCTの要素を追加、精度確認 
 (VDI/VDE2630準拠) 
三次元測定機のセンサー取り外し、出荷 
 
 
そして最後にDAkkSは何かと言うと、ドイツの技術審査認定機関です。 
 
例えば、先程登場したグラススケールという基準器は 
もちろん1つ1つ値付けがされている訳ですが、 
それはPTBと呼ばれるドイツの国家計量所で行われます。 
 
DAkkSは認定をする機関であり、認定に当たっての技術審査はPTBが担当という構図です。 
 
DAkkSとしてはドイツ独自の規格に留まっているVDI/VDE2630を根拠に 
寸法測定用CTと認証する訳にはいかないが、ISOにも準拠しているVDI/VDE2617に 
準拠している三次元測定機がCTとしても精度に入っているなら良いだろうという訳で 
TomoScopeは唯一認められているのです。 
 
 
いろいろと引っかき回しましたが、何が言いたいかと言うと 
装置空間内の座標系、CTとしての精度のどちらもトレーサブルで、 
安心してお使い頂けます!ということです。 

トレーサビリティ体系図はこちらでご覧頂けます。

今週も最後までお読み頂いて、ありがとうございました。


☆TomoScope専門サイトはこちら☆ 

●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━
┣╋╋○ エスオーエル株式会社  ( SOL )
┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 
┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 
● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp 
   --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで 

トップへ戻る