連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ X線管内のお話 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「測定の新常識!?SOLがお伝えするノウハウ!」 2016年10月5日号 VOL.034 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 三次元測定機やアプリケーション例などをテーマに、 無料にてメールマガジンとして配信いたします。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ こんにちは。 エスオーエルの永田です。 10月になりました。 すっかり秋の気配が感じられるようになりました。 今年もまた、ノーベル賞の季節になりました。 大隅良典先生がノーベル医学生理学賞を受賞しましたね。 おめでとうございます!! 大隅先生は、オートファジーという、生物がタンパク質を分解し、 アミノ酸などの合成に再利用する、という現象の発見をしました。 この現象の解明により、 癌や神経疾患の治療法の開発に期待ができるそうです。 なんだかとてもワクワクしますね…! さて、 今回はX線管内のお話をします。 X線管内は真空になっており、 フィラメントから飛び出した熱電子達が、 ターゲット目掛けて飛んで行きます。 ターゲットに熱電子が衝突することで、X線が発生します。 熱電子がフィラメントから発生してターゲットへ衝突するまでは、 様々な障壁が待ち受けています。 熱電子はフィラメントを出るとまず、グリッドを通ります。 グリッドはフィラメントよりも電位が高くしてあり、 この電位差によって熱電子が飛び出すのです。 電流を制御するためには、この電位差を変えます。 こうして真空中に投げ出された熱電子は、 ターゲット目掛けて飛んで行きます。 ここで、浮遊物があると、衝突してエネルギーを失ってしまいます。 また、壁面にプラスに帯電したものがあっても、 電子は寄り道をしてしまいます。 被膜なんかあれば、帯電してコンデンサになってしまいます。。。 ターゲットへ当たる前に、熱電子はコイルの中を通って行きます。 ターゲットの適切な場所へ当たるために、向きを調節するのです。 収束させられた熱電子は、ついにターゲットへ当たり、 持っているエネルギーを、X線生成のために捧げるのです。 X線発生後は、アパチャーによって収束させられます。 こうすることで、光源のスポット径を小さくすることができます。 電子やX線は目では見えないので、想像するしかないのですが、 実際に何が起きているかを考えるのは、 なんだかとてもワクワクします…!! 本日はこの辺で。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 -- 永田睦美 ☆TomoScope専門サイトはこちら☆ ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから