連載「知って得する干渉計測定技術!」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 工業用と医療用X線 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「知って得する干渉計測定技術!」 2015年6月24日号 VOL.095 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 干渉計による精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 無料にてメールマガジンを配信いたしております。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 皆様こんにちは。 月末も『なみきごと』からスタートです! 雨が降ったり止んだりしていますね、梅雨だからなんですがね。 私は雨が大好きです。しとしと雨よりもザーザー雨が大好きです。 激しい雨音だと騒音も消されるので心が癒されるんです。暗い? 家の近くに小さい川があり、カエル達が『モーモー』鳴いています。 うっ、うしがえるでしょうか…実物は見たことがありませんが(汗) 我が家にもピクルスというカエルがいます。最近頻発している地震で ピクルスが雪崩のように落ちてきます。並ばせるのが大変です。 それでは、本題にうつります♪ 今月は【工業用と医療用X線】についてお話します。 整形外科に行き、足をひねったみたいです(ToT)と伝えると、 大抵のお医者さんに『レントゲン撮影しましょ』と言われますよね? もちろん、医療用で使われているのはエックス線! X線トモグラフィー三次元形状測定機TomoScopeで使われているのも もちろんエックス線! 同じエックス線を使っていても医療用と工業用では何が違うって??? ⇒⇒⇒電圧の大きさが違うんです。   ですよね\(^▽^)/ (医療用では装置が動きますが、工業用では物体を回転テーブル等に 乗せて動きますよね) えっと、戻ります。 医療用のエックス線は25~150kVの範囲の管電圧を使用しています。 工業用のエックス線は大きいものだと1000kV以上もの管電圧を使用 している装置もあるようです。 弊社所有のTomoScopeは管電圧が250kVまで上げることができます。 後は照射時間が医療用は数10msであるのに対して、工業用は測定物に よって5minだったり1時間だったりします。長時間の照射を行うと エネルギーの多くが熱に変わるため、連続で照射する測定機には 冷却機構が必要になってきます。もちろん、TomoScopeにも冷却機構は ついております!!確かに、X線照射が終了し、少し経過した後でも X線管が熱かったりしますものね。ターゲットに入力されたエネルギーの うちX線に変わるのはわずか1%程で、残りの99%は熱になってしまう。 もったいないですね。 医療でも工業でも使用されているX線。両方ともにお世話になっています。 もう少しX線について知る必要があると感じるメルマガでした。 実は私がお送りしているメルマガは今年はあと1回を残すのみとなりました! いつも最後まで弊社メールマガジンを読んでくださった方々、 本当にありがとうございます! 次回のメールマガジンもしくは間近でお会いしましょう! -- F.N ☆TomoScope専門サイトはこちら☆ ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから