連載「ベアト三次元測定の世界!」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 挑戦すること 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「ベアト三次元測定の世界!」 2014年1月20日号 VOL.032 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 三次元測定機やアプリケーション例などをテーマに、 無料にてメールマガジンとして配信いたします。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ みなさんこんにちは! あけましておめでとうございます。 今年もメールマガジンをよろしくお願いします! おもち、おせち、食べ過ぎたので最近は春雨ばっかり食べています。 ダイエットのつもりです。 さて、年末年始の連休では旅行には行きませんでしたが、高校、 大学の友人、親戚に会う機会がたくさんあり、楽しく過ごしました。 その中で印象に残ることがあったので、みなさんにお伝えしたいです。 新年、気持ちを新たに!という意味でも、書き記させてください! 年始に、高校の仲良しグループで集まる機会がありました。 経理の仕事をしている子、営業事務、テレビ番組を作っている子、 銀行員、みんな大人になったよねーと盛り上がりました。 今回はおしゃべりして笑って帰るだけではなく、 とっても考えさせれることがありました。 今回会った友人の中の1人が留学することになったのです。 数年間働いて、留学できるだけのお金を貯めて、 ついに決意したそうです。 8月から行くことが決まっています。 なぜ留学しようと思ったのか。 働いているうちに、発展途上国の開発に興味を持ち、 それを勉強できるのがイギリスだったそうです。 「開発学」というそうです。 ではなぜ留学する決断ができたのか。 私だったらどうだろう、と考えてしまいました。 今の仕事があるし、家族とも遠く離れてしまうし・・・・ 友人が言った言葉は、 「今やらないで後悔したくない。自分の中に可能性を残したくない。」 というものでした。 やってみて失敗するより、何もしないで、 「あの時挑戦しておけばよかったな」 と後悔する方がいやだったと言っていました。 「自分の中に可能性を残したくない」 という言葉がとても印象に残りました。 本を読んでこういう言葉を見ることはあるけれど、 なかなか身近に真剣にこんな言葉を言える子はいないだろうなと思いました。 自分でも言ったことありません。 なんだか自分のちっぽけな考え方が恥ずかしくなり、ショックでした。 この言葉を聞いて、本当に自分は何をしたいのか考え、 どんなことでも、1つがんばると決めて取り組むことが、 仕事や人生を楽しくするために必要なことなんじゃないかなと思いました。 アメリカで働いている友達もいれば、 ダンスに打ち込んでいるいとこ、 全国各地で働く同級生たち、 年末年始は、「みんながんばってるんだ!」 ということを感じることができました。 今回は、技術的なことではなく、仕事や人生に対する姿勢に ついて考える機会があったのでご紹介しました。 今月も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 また来月、お会いしましょう! -- H.H ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから