連載「三次元測定機って何なの?」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 2019年 Werthセールスミーティング 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「高鍋鮎美の三次元測定機って何なの??」 2019年5月8日号 VOL.073 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 無料にてメールマガジンを配信いたしております。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ こんにちは。営業の高鍋鮎美です。 先週、Werth(ベアト)でセールスミーティングがありました。 毎年Werthでは、ドイツのギーセンにある本社にて、 各国の子会社や代理店から数名ずつが集まり、 新しい機種や機能の紹介、1年間の振り返りなどを行います。 今年は、TomoScopeに関して新機種、新機能が開発され、 例年にも増して収穫の多い内容でした。 (※因みにTomoScopeとは、寸法測定用のX線CT装置です) 早速、皆さんにもご紹介します! ■ TomoScope FQシリーズ(新機種):  ついにライン対応モデルが登場しました!  FQは、Fast Qualifierの頭文字です。  現状ではTomoScope SとLの機種がFQシリーズに対応しています。  まずバーコードからサンプル情報を読み取り、  サンプルは装置の天井からロボットにて装置内の回転テーブル上に  セットされます。  スキャンは約30秒!  リアルタイムで3Dデータ化・解析を行います。  自動で合否判定をし、  NG品は何が理由でスペックから外れたのかすぐに・簡単に確認出来ます。  既にドイツで実績が出ました。  今後益々増える自動化のニーズにお応え出来るモデルです! ■ TomoScope XS Plus(新機種):     発売以来世界中でご好評頂いているTomoScope XSの進化版です!  TomoScope XSはこれまで通り主力ラインナップですが、  これに加えてTomoScope XS PlusはX線管と検出器が上下に動く機構を搭載し、  上下方法の分割スキャンが可能になりました。  装置の大きさはほぼ変わらず、  測定可能サンプルサイズが直径方向で約2倍、高さ方向で約2~7倍です。  (搭載する検出器により変わります)  X線の出力が160kVまでの為、樹脂サンプルがメインとなりますが、    「TomoScope XSでは入らないけどTomoScope Sは高い/装置が大きい!」  というお客様にとっては丁度良いモデルです。 ■ TomoAssist(新機能):  TomoScopeでスキャンする際の条件設定を自動で行う機能です。  こちらはTomoScopeをお使いになる方に対して、  かなりお役に立てる機能だと思います。  通常X線CT装置の場合、  X線の管電圧や管電流、露出時間、ステップ数、取込回数、倍率、フィルターなど  スキャンをする際に条件を決める必要があります。  これらの設定の仕方により、測定結果も影響を受けます。  TomoScopeを使いはじめのお客様は、  この条件出しに時間が掛かることも多いのですが、  新機能TomoAssistを使えば、その課題がクリア出来ます!    使い方は、  まずサンプルを30秒位でスキャンし、大きさや厚みを装置に認識させます。  その後、ソフト上でサンプルの材質を選択します。  すると、自動でスキャン条件が出てきます。  これで良ければそのままスタート、  微修正をする場合は手入力で変更しスタートを押すだけです。  Werthが行った検証では、  Werthの経験豊富なアプリケーションエンジニアが設定した条件より、  TomoAssistの方が高精度に測定出来たそうで(しかも勿論早い!)、  Werthも自信を持っている新機能です!   次のバージョンのWinWerth(オリジナルソフトウェア)から搭載可能ですので、  おそらく今年の夏か秋頃にリリースかなと思います。 他にも細かな(細かなと言ったら怒られそうですが)ソフトウェアの 追加機能や使い易さの改善は色々進んでいました。 全て次のバージョンのWinWerthに搭載される予定です。 今週も、最後までお読み頂き、ありがとうございました。 ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから