連載「三次元測定機って何なの?」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ X線CT装置 ボリュームデータの良し悪し 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「高鍋鮎美の三次元測定機って何なの??」 2018年7月4日号 VOL.063 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 無料にてメールマガジンを配信いたしております。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ こんにちは。営業の高鍋鮎美です。 弊社はドイツWerth社のX線CT装置TomoScopeを扱って そろそろ10年になります。 最近では同じ様にX線CT装置で 「寸法測定可能」 「精度が良い」 「精度保証している」 「金属やアセンブリも可能」 と謳っている競合他社さんも数社いらっしゃるようで、 お客様からは「結局違いは何ですか?」と聞かれることが増えて来ました。 そんな時、私は 「ボリュームデータで良し悪しを比べて下さい」 とお答えしています。 ボリュームデータとは、REKデータとも呼ばれる3Dのデータの事で、 X線CT装置でサンプルを360度回転させながらスキャンし、 得られる数百枚のレントゲン像をPC上で再構成させて作ります。 ボリュームデータ生成までの流れ    基本的にX線CT装置では、 このボリュームデータを使って様々な解析を行いますし、 STLデータ(ポリゴンデータ)もボリュームデータから作られます。 つまり、ボリュームデータは全ての解析の中核になっていると言えます。 では、どのようなボリュームデータは良くて、 どのようなボリュームデータは悪いのでしょうか。 それは、結局、ほとんどの場合では、 お客様がどのような解析を必要とされているかに寄ります。 例えば、分かりやすいのが「分解能」ですが、 お客様は分解能は「細かい方が良い」と考えていらっしゃる事が多いです。 しかし、実際はそうとは限りません。 何故なら、高分解能にするという事は、その分データ数が増えますので、 データ取得する際のスキャンや演算の時間は長くなります。 また、解析の際もファイルが重くて扱いにくくなってしまいます。 実際に、本来なら1~2分で出来る解析が、 分解能を上げたらデータが重くて30分掛かってもファイルを開けない… なんて事もあります。 かと言って、分解能を落としてしまうと、データは扱いやすくなりますが、 微細な形状が再現出来ない…というデメリットが考えられます。 つまり、分解能が高いから良いまたは悪いのではなく、 「分解能と測定・解析時間はトレードオフになっている」とご理解頂いた上で、 サンプルと解析内容に応じて最適な条件を設定していく必要があります。 しかし一方で「これは無い方が良い!」と言い切れるものもあります。 それは「アーチファクト」です。 CTの結果をご覧になった事がある方は、ご存知かもしれませんが、 特に金属サンプルや、樹脂+金属のサンプルをスキャンした際に、 金属回りのデータが白く光ってしまったり、 モヤがかかったようなデータになったり、 形状がないはずの所にデータ上は形状が出来てしまったりすることがあります。 それが「アーチファクト」です。 「アーチファクト」とは 先にも述べましたが、 X線CT装置の解析の中核はボリュームデータです。 その為、ボリュームデータでアーチファクトが多いということは、 その後どのような解析をする場合でもプラスには働きません。 (勿論、そこまで気にしないという解析内容であれば問題ありません。) Werth社のTomoScopeは、 このアーチファクトの課題を少しでも改善しようと、 ハードウェア、ソフトウェアの両面で毎年様々な開発をしています。 そして、10数年に渡る小さな改善の積み重ねが、 「TomoScopeは樹脂サンプルだけではなく、金属、更には複合材も アーチファクトが少ない、綺麗なボリュームデータを得られる」 とお客様に言って頂けている一番の理由です。 是非、貴社のサンプルで TomoScopeのボリュームデータをご評価頂けば幸いです。 今週も最後までお読み頂いて、ありがとうございました。  ●展示会のご案内●   7/11(水)~13(金)、   人とくるまのテクノロジー展2018名古屋(ポートメッセ名古屋)に   ブースNo.164で出展します。 ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから