連載「三次元測定機って何なの?」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 番外編:英語の可算名詞・不可算名詞 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「高鍋鮎美の三次元測定機って何なの??」 2017年2月15日号 VOL.046 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 X線CTスキャンによる精密測定やアプリケーション開発情報などをテーマに、 無料にてメールマガジンを配信いたしております。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ こんにちは。営業の高鍋鮎美です。 今回も番外編ということで、英語の名詞の数え方について 書いていこうと思います。 英語を学習されている中で「可算名詞」「不可算名詞」という 言葉を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。 これは、その名詞が数えられるか、数えらえないかという意味ですが、 日本語を話す私達にとっては、あまりピンと来ないと思います。 しかし、過去のメルマガでも書いたかもしれませんが、 英語は単語選びで細かなニュアンスまで表現する言語です。 その際にイメージしている名詞が 1つなのか、複数なのか、それとも抽象的な概念を話しているのか、 相手に正確に伝える必要があります。 その為の一助として、名詞の可算と不可算を整理していきましょう! まず、意外と知られていないのが、辞書での表記です。 英語の辞書で名詞の単語を引くと、 上の方に四角で囲まれたCかUという記号が表示されますが、 これが可算か不可算かを表しています。 C:Countable 数えられる=可算名詞 U:Uncountable 数えられない=不可算名詞 初めて使う名詞は辞書で確認するのが安心です。 では本題です。 名詞の分類は、以下の5つがあります。 ① 普通名詞 ② 集合名詞 ③ 固有名詞 ④ 物質名詞 ⑤ 抽象名詞 この中で可算名詞は①と②、不可算名詞は②③④⑤となります。 ②はその単語の意味によって数えられたり、数えられなかったりが変わる という一番厄介なグループです。 ②はややこしいので一番最後にご説明します。 まず、①の普通名詞です。(可算名詞) 普通名詞とは、一定の形がある人や生物、物などのことで、 数えらえるので単数形と複数形があります。 「いわゆる名詞」で1つだったら単数形、2つ以上だったら複数形(+s)です。  例:I have a pen.He has 2 pens. (私はペンを1本持っています。彼はペンを2本持っています。) 解説:ここではpenとpensが普通名詞です。     私はペンを1本持っているから単数。彼は2本持っているから複数です。          普通名詞はpenの他に、apple、book、cat、dogなどで、     馴染みのある単語が多いと思います。     ただ、1つだけ注意事項があります。     それは普通名詞の単数形はは必ず前にa/the/myなどが必要という点です。 「I have pen.」とは言えないので注意です。          次に③の固有名詞です。(不可算名詞=複数形にはならない) 固有名詞とは、特定の人、土地、建物、山や海などの名称のことで、 大文字で書き始めます。  例:I went to Germany to visit Werth . (私はベアトを訪問する為にドイツに行きました。)  解説:ここではGermanyとWerthが固有名詞です。     固有名詞は大きく以下の3つに分かれます。  1. 普通の固有名詞   ・人や国、地域などの名前(Japan、Tokyo、Mt.Fuji)   ・公共建造物の名前(Tokyo University) ・月や曜日など(January、Monday)   ・天体名(Mars)  2. theをつける固有名詞   ・山脈や海洋の名前(the Alps、the Pacific Ocean)   ・新聞名(the New York Times) ・公共建造物(the White House、the British Museum) ・複数が意識される国(the United States) ・~さん一家(the Smiths) 3. a/anをつける固有名詞   ・~のような人 He is an Einstein.(彼はアインシュタインのような人です。)   ・~という人    A Ms.Smith came to see you.(スミスさんという方が会いに来ました。) さて、次は④の物質名詞についてです。(不可算名詞) 物質名詞とは決まった形を持たない物質の名前で、数えられないので 複数形にはなりません。  例:We can not live without water. (私達は水なしでは生きられません。)    解説:ここではwaterが物質名詞です。     他にはmoney(お金)、rice(お米)、bread(パン)、salt(塩)、tea(お茶)、     coffee(コーヒー)、milk(牛乳)、wine(ワイン)、butter(バター)、     cheese(チーズ)、air(空気)、gas(ガス)、oil(オイル)、liquid(液体)、     gasoline(ガソリン)、soap(石鹸)、gold(金)、wood(木材)、rain(雨)、     snow(雪)などがあります。     これら物質名詞はこのままでは数えられないので、     単位や容器の数を付け加えて量を表現します。     ・a glass of water(グラス1杯の水)     ・two cups of coffee(コップ2杯のコーヒー)     ・three slices of bread(3切れのパン)   この場合も物質名詞は複数形にはならないので要注意です。 次は⑤の抽象名詞です。(不可算名詞) 抽象名詞とは物事の性質や状態、動作など決まった形のない抽象的概念を 表す名詞で、数えられないので複数形にはなりません。  例:Knowledge is power.(知は力なり)  解説:ここではknowledgeとpowerが抽象名詞です。     抽象名詞は以下の5つに分類されます。    1. 性質: kindness(親切)、honesty(正直)、bravery(勇気)、beauty(美しさ) happiness(幸せ)、など     2. 状態:    love(愛)、peace(平和)、freedom(自由)、friendship(友情)、life(生命)、    health(健康)、truth(真実)など  3. 動作:    movement(運動)、advice(助言)、driving(運転)、flight(飛行)、    success(成功)、stay(滞在)など  4. 学問:    science(科学)、physics(物理学)、mathematics(数学)、sociology(社会学)、    philosophy(哲学)など  5. 運動:    tennis(テニス)、baseball(野球)、soccer(サッカー)など さて、後は残すところ②の集合名詞のみです。 集合名詞とは、人や物の集合体を表す名詞です。 上記の4分類とは違い、場合によっては可算名詞(1つなら単数、2つ以上なら複数)、 場合によっては不可算名詞(複数形にはならない)のどちらも該当します。 この「場合」というのは3つに分類されますので、以下に整理してみます。    1. 単数・複数両方の扱い方がある場合:    例:My family are all very well.(我が家は皆元気です。) My family is very large.(我が家は大家族です。)         解説:ここでは同じfamilyという名詞を最初の文では可算名詞として、       後の文では不可算名詞として使っています。       これは最初の文が家族個人個人に焦点を当てているのに対して、       後の文では家族を1つのまとまり(集合体)として捉えているからです。       このようにイメージする意味によって可算か不可算かが変わる集合名詞は、    他にこのような単語があります。    team(チーム)、staff(スタッフ)、audience(聴衆)、class(クラス)、    nation(国民)、public(大衆)、committee(委員会)など  2. 常に複数扱いの場合:    例:The police start an open search for the criminal. (警察はその事件について公開捜査を始めました。)    解説:ここではpoliceが集合名詞で、常に複数形です。    他には、people(人々)、cattle(牛)、vermin(害虫)、nobility(貴族)などです。    これらは常に複数扱いなので、名詞にs(NG:polices)は付きませんし、    この名詞が結び付く動詞にに三人称単数形のs(NG:The police starts)も付きません。       もし警察官1名を意味したい場合は、policemanやpolicewomanという    普通名詞を使います。              3. 常に単数扱いの場合:    例:All furniture was carried out.      (全ての家具は運び出されました。) 解説:ここではfurnitureが集合名詞で、常に単数形です。    他には、baggage(手荷物)、clothing(衣類)、food(食べ物)、machinery(機械)、    merchandise(商品)、produce(農作物)などがあります。    これら単数扱いの集合名詞は不可算名詞に分類され、 名詞にs(NG:baggages)は付きませんし、数えられないのでa/an(NG:a baggage)    にもなりません。 そして、この名詞に結び付く動詞は単数形(All furniure was)になります。 自分でまとめててもややこしいです。 おそらく全部を覚えるのは無理なので、こういった分類があるということを ご理解された上で、こまめに辞書を引くのが一番良いと思います。 今週も、最後までお読み頂いて、ありがとうございました。 ☆TomoScope専用HPがリニューアルオープンしました☆ ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから