連載「三次元測定機って何なの?」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ドイツWerth社の最新情報 発行:エスオーエル株式会社 http://www.sol-j.co.jp/ 連載「三次元測定機って何なの?」 2010年3月20日号 VOL.007 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 三次元測定機やアプリケーション例について学んだことなどをテーマに、 無料にてメールマガジンとして配信いたします。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 皆さん、こんにちは。 いきなりですが、先週1週間、 私はドイツのギーセンにあるWerth社で研修を受けてきました! 装置のオペレーショントレーニングと、工場見学をしてきましたので、 今回のメルマガではWerth社の最新情報をお届けしたいと思います。 *Werth社とは    正式な社名はWerth Messtechnikと書きますが、  日本語では「ベアト」と読みます。    1951年に設立し、今年で59年目の会社です。    当初は投影機を製造をしていましたが、1960年代に三次元測定機の製造を始め、  現在では画像センサーやプローブ、レーザー、X線等お客様のご希望に沿った  ソリューションを提供できるマルチセンサー式の三次元測定機をご提供しています。 *マイスター制度  ドイツでは職人になる為に「マイスター制度」という厳しい資格制度があります。  マイスターの資格を取得するためには、  見習いとして3年間働きながら職業学校に通い、さらに徒弟(Geselle)として  3~5年間の研修を積んだうえで試験に合格しなければなりません。  その為、ドイツでは中学生でもう自分の進路を明確にしている子供が  少なくないそうです。    Werth社にも特殊技術を取得した職人がたくさんいます。  1つ例を挙げると、  以前このメルマガでもご紹介しました、ファイバープローブ。  最小径20umのガラスファイバーでできたプローブですが、  これは職人が手作業で作っています!!  Werth社内の一番奥にある小さな部屋で、専門の職人が  1つ1つ熟練の技を駆使して作っているんですね。  私も実際に見てきました!  1本作るのに1週間かかることもあるそうです! *Werthの最新ソフト  昨年末に、測定機に使われているソフトが新しくなりました。    実際にオペレーションをしてみて感じた事は、    三次元測定機はもちろん装置自体の性能も大切ですが、  使い勝手、汎用性、データ解析力、応用力、、、など    「得たい情報を簡単に正確に、そして速く」という点がとても重要だという事です!    現場で毎日装置を扱っていらっしゃる方は、  尚更、測定に効率化は大きなポイントだと思います。    今回新しくなったソフトは、使い勝手の面で、よりお客様目線になりました!!  是非、実際に使って試してみて頂きたいです。 以上、今回はWerth社の最新情報をお届けしました。 -- A.T ●┳┳┳●━━━━ 連 絡 先 ━━━━━━━━━━━━━ ┣╋╋○ エスオーエル株式会社 ( SOL ) ┣╋○ 〒335-0012 埼玉県戸田市中町1-34-1 ┣○ Tel: 048-441-1133 Fax: 048-445-1678 ● Email: sales@sol-j.co.jp Web: http://www.sol-j.co.jp    --デモ測定を承ります-- 詳細は上記Webサイトまで

測定機に関する理論や解析技術の情報発信として、定期的にメールマガジンを無料配信しています。メルマガにご登録頂くと、最新情報やWEB未公開の情報をいち早くお手元にお届けすることができます。

メルマガご登録はこちらから